Windows10を使ってみた_ブラウザ(Edge)

Pocket

今回はWindows10の標準ブラウザ(Edge)の起動時に表示するページやお気に入りの登録方法、ホームページの設定方法について載せたいと思います。
EdgeはInternet Exploerの後継ソフトです。
以下ブラウザ=Edgeとして記載します。
※ブラウザとはインターネットを閲覧するためのソフトです。

まずはブラウザ起動時に表示するページを指定する方法の手順を載せていきます。
起動時に表示するページとはブラウザを一番最初に開いたときに表示されるページのことです。今回はYAHOOのページを設定してみます。

●ブラウザ起動時に表示するページ
1.[スタートメニュー]>[クリック]>[Microsoft Edge]を選択

20160625-10

2.右上にある、「・・・」>「設定」を選択

20160625-1

3.[特定のページ]>チェック
[カスタム]を選択
最初に表示させたいページのURLを入力。
今回:http://www.yahoo.co.jp
入力後「+」を選択

20160625-2

4.入力が反映されていることを確認
※間違えたり、削除したい場合は「×」を選択してください。

20160625-3

これで起動時に表示するページの設定は完了です。
一度ブラウザを閉じてから、もう一度ブラウザを開いて設定したURLのページが表示されていることを確認してください。

20160625-4

 

続いてブラウザの「ホーム」ボタンを押したときに表示するページの設定方法を記載します。
ホームボタンとは以下のボタンの事です。

20160625-7

●ホームボタン選択時に表示するページ

1.ブラウザを開き
右上にある、「・・・」>「設定」を選択

20160625-1

2.下の方へスクロールし、[詳細設定を表示]>を選択

20160625-5

3.[ホーム]ボタンを表示するの下にある、入力欄にホームボタン選択時に表示したいページのURLを入力し[保存]を選択
今回:http://www.yahoo.co.jp

20160625-6

 

4.[ホーム]ボタンを選択し、設定したページへ移動することを確認してください。

20160625-4

これで「ホーム」ボタンを押したときに表示するページの設定は完了です。

 

最後にもう一つ、お気に入りのページを保存する設定方法について記載します。

●お気に入りのページ保存の設定方法

1.ブラウザを開き、お気に入りページを保存したいページへ移動
ブラウザの右上にある「☆」ボタンを選択
[保存する場所]>[お気に入り]>[追加]を選択

20160625-12

2.[横線3つのボタン]>[☆]を選択し、お気に入りに追加されたことを確認します。
20160625-11

お気に入りの設定方法はこれで完了です。

 

Pocket

Windows10を使ってみた

Pocket

今回は自宅のPCのWindows10にし、Windows7と異なる部分があるので、使い方を載せていきたいと思います。

●コントロールパネル

1.[スタート]>[クリック]>キーボードで[コントロールパネル]と入力

20160622-1

2.[コントロールパネル]を選択

20160622-2

3.コントロールパネルが表示されます

20160622-3

 

●WindowsUpdate

1.[スタートメニュー]>[クリック]>[設定]を選択

20160622-4

2.[更新とセキュリティ]を選択

20160622-5

3.[更新プログラムのチェック]を選択

20160622-6

もし、更新可能なプログラムがあった場合、更新できます。
WindowsUpdateは毎月第2週目の火曜日に提供されますので、セキュリティのためにも確認してみてはいかがでしょうか。

他にもまだまだあるので、今後も載せていきたいと思います。

 

Pocket

ネットワークエンジニアが使用するツールを紹介

Pocket

今回はネットワークエンジニアが使用するツールを紹介します。

EXPING
定番のpingのツールです。
複数の宛先へPingとTracerouteがGUI上で操作できます。
事前に宛先IPアドレスを記載しておくことが出来るため、確認のIPアドレスが多い場合の疎通確認に重宝します。
また結果をCSVファイルで保存できます。

WireShark
こちらも定番のパケットキャプチャツールです。
ネットワークで繋がらないなど目で見えないパケットを見ることが出来るツールです。パケットキャプチャツールを使いこなせると「あいつやるな!」と思われることが出来るはずです(笑)

●Tera Term
機器を設定するには必須のツールです。
またマクロも使用できるため、自動でログを取得したりすることも可能です。

●WinMerge
ファイル比較ツールです。
ネットワーク機器の変更前後で必ず比較するため、必ず必要になると思います。
WinMerge以外にDFというツールもあります。

●WinShot
ネットワークエンジニアのツールというわけではないのですが、業務で画面のキャプチャを取得することがあり、そのキャプチャをボタン一つで取得することが出来る便利なツールです。
手順書作成などにも重宝します。

ネットワークエンジニアになってみないと知らないツールもあると思いますので、これからネットワークエンジニアになられるという方がいましたら一度お試しください。

Pocket