【ヤバい集中力ノート】を試してみた_1か月

Pocket

さて、今回は以前紹介した、「【ヤバい集中力ノート】を試してみた_1週間」の続きで、1カ月分試してみたので感想を書こうかと思います。

【1か月試した感想】

5月1日から5月30日まで試してみた感想ですが、マンスリースケジュールをちゃんと書いておけば、デイリータスクは意外と継続することができると思いました。

あと、毎日デイリータスクを達成してマンスリーページのクリアした日を塗りつぶすのがどんどん楽しくなりモチベーションアップに繋がりました!

ウィークリーページとマンスリーページはこのような感じになりました。

●ウィークリー

●マンスリー

【1か月継続するために行った3つの工夫】

ここでは、私が1か月継続するために行った工夫を紹介します。
もし、これからやってみようかなと言う方の参考になればと思います。

工夫したポイント3つ

  1. いつデイリータスクを書くのかを事前に決めておく

    工夫したポイントの1つ目は、「いつデイリータスクを書くのかを事前に決めておく」です。
    これは、日記と同様で書く習慣がないと書くのを忘れてしまうことがあります。
    それを防ぐためにリマインドや事前にいつ書くのかを決めておくことをおすすめします。

    私の場合は、朝歯を磨いた後に書くというルールを設定することで1カ月間忘れずに書くことができました。

  2. デイリータスクに書く内容は1つから始める

    続いて2つ目は、「デイリータスクに書く内容は1つから始める」です。
    これは何かを習慣化するときのテクニックでもあるのですが、いきなり多くのことをやろうとすると、失敗する可能性が上がります。
    そのため、まずは確実に成功できるようにデイリータスクは1つから始めることをおすすめします。

    しばらく、継続してみて慣れてきたなと思えば増やしてみてください。

  3. デイリータスクの障害フィックスに数分で終わるタスクを設定する

最後3つ目が、「デイリータスクの障害フィックスに数分で終わるタスクを設定する」です。
先ほどの2つ目で決めたデイリータスクの内容で数分で終わる内容を考えてそれを障害フィックスに設定します。
そうすることで、確実にデイリータスクを実施できるため、失敗にしてしまった時のモチベーションの低下を防ぐことができます。

また、初めのうちは習慣化することを重要視するため、障害フィックスの内容を達成できればクリアとしてみるのもいいと思います。

最後に私のおすすめのやり方をご紹介します。

おすすめのやり方

  1. デイリータスクをいつやるかを決める
    例)朝ご飯後に書く、朝の準備が終わったら書く、夜寝る前に書く

  2. デイリータスクを1つだけ決める
    例)ブログを書く、プログラムの勉強をする、スクワットをする

  3. デイリータスクの内容の最小単位を決める
    例)ブログのタイトルだけを書く、1Pプログラムの本を読む、1回スクワットする

  4. 質問型アクションで設定した内容を行う
    もし、できなければ障害フィックスの内容だけでもクリアとする

以上が私のおすすめのやり方でした。

 

【まとめ】

・ヤバい集中力ノートは継続できるとモチベーションが上がってさらにやる気が出る
・継続するためには事前に準備をして、1つだけデイリータスクを設定した方が継続しやすいかも
・まずは、障害フィックスの内容だけでもクリアしたとして、習慣化することを目標とする

もし、ヤバい集中力を手に入れたくなったらノートを試してみてください。
ノートのリンクを貼っておきます。

以上です。ありがとうございました。

ヤバい集中力ノートを毎日書けるか不安だなと感じたら、以下のココナラというサイトで「習慣化」をサポートするサービスをやっていますので、そちらをのぞいてみてください。
私があなたを全力でサポートします!

人生変わる?【習慣化の方法】を教えます 【残り3名】ダイエット、勉強、運動を続けることが苦手ですか?

Pocket

【ヤバい集中力ノート】を試してみた_1週間

Pocket

以前、鈴木裕さんの「ヤバい集中力」の本の内容を実践して色々書いていましたが、今回はそのノート「ヤバい集中力ノート」が販売されたので、まずは1週間試してみた結果を書きたいと思います。

●ヤバい集中力の内容を試した記事です。

ヤバい集中力のテクニックを試してみた_聖域作り編(1か月)
ヤバい集中力のテクニックを試してみた_障害コントラスト編(1か月)
ヤバい集中力のテクニックを試してみた_質問型アクション編(1週間)
ヤバい集中力のテクニックを試してみた

【ヤバい集中力の概要】

「ヤバい集中力」の本の概要をお話しすると、近年私たちの集中力を奪うものが数多く存在します。

例えば、「スマホ」、「スマホアプリ」、「SNS」、「動画配信サービス」など。

そのため、集中しないといけない場面、「試験勉強」、「運動」、「ダイエット」、「通信教育」、「テレワーク」であっても、ついスマホを触ってしまったり、5分だけと思いつつYouTubeを見ると気が付けば数時間経っていたりして集中できないことが多々あります。

ですが、それは「多くの人たちの集中力がない」わけではなく、スマホアプリやSNSなどがどうやったら多くの時間を使用してもらえるかを考えて作られているものなので、ある意味仕方がないものなのです。

それらをどのように回避し、やるべきことに集中するための方法が書かれています。

ヤバい集中力ノートは、その本の内容の中にある「報酬感覚プランニング」のワークシートを実践するためのサポートをしてくれるものになります。
報酬感覚プランニングとは、集中力を保つための方法をまとめたやり方です。

ノートでは、「報酬感覚プランニング 基本シート」と「報酬感覚プランニング 速攻簡易版」のやり方が載っています。

詳細は鈴木裕さんのブログを確認ください。

4月18日に「ヤバい集中力ノート」が出ます!

 

最初にも書きましたが今回私は1週間(2020/5/1~5/7)試してみましたので、以前自分でやってみたものと比較し感想を書きたいと思います。
またその中で躓きそうなポイントがあったので、それについてどのように対策したのかも合わせて書きます。

【1週間試した感想】

私は2019年の10月31日から、「質問型アクション」を続けていました。

質問型アクションとは、今日自分が達成したいタスクを「[自分の名前]は、[時間]に[場所]で[デイリータスク]をするか?」といった形にすることでやるべきタスクを実行するというテクニックです。

例)
今日のタスク:英語を勉強する
質問型アクション:[shin]は、[夜9時]に[部屋]で[英語の勉強]をするか?

といった感じにします。

話しを戻しますと、今まで自分でやっていた質問型アクションと比較してノートの良かったことは、

・スケジュール帳になっているため、いつ達成したかが分かりやすい
・ノートの方が1週間分をまとめて見ることができるので分かりやすい

・ノートに使い方が書いてあるので、本を読みなおさなくてもいい

自分で質問型アクションをしていた時は、付せんに毎日書いて勉強用のノートに毎日貼っていました。
見返すためにページをめくる必要がありめんどくさかったですが、ヤバい集中力ノートならまとめて見れるので分かりやすいため、モチベーションが上がります。

また、ノート自体に本の内容がまとめられているため、本を読みなおさなくても使えるため時間が効率的に使えます。

比較するとこんな感じです。
付せんだと見ずらいですが、ノートはウィークリーとマンスリーに分かれているため、全体が見えるため進捗具合が分かりやすいです。

●付せん

●ウィークリー

●マンスリー

まずは、1週間試してみましたが、引き続きやってみてまたどのような成果があったかを載せたいと思います。

続いて、躓きそうなポイントについて書きたいと思います。

【躓きそうなポイントと対策】

これは、私自身が実践してみて感じたことですので、すべての方がそうではないと思いますが、これから始める方の役に立てればと思います。

私が躓きそうだなと感じた点は3点です。

躓きそうな3つのポイント

  1. ノートを書くのを忘れる
  2. 質問型アクションの時間を固定しすぎると失敗する
  3. ノートを完璧にしようとして失敗する

対策については後でまとめますので、まずは4つのポイントについて説明します。

まず1つ目が、「ノートを書くのを忘れる」です。
普段から習慣にしていないため、日記などと同じでノートを書くこと自体を忘れてしまうことです。

続いて2つ目が、「質問型アクションの時間を指定しすぎると失敗する」です。
質問型アクションの例ではデイリータスクを行う時間を明確に記載しています。
実際にやってみるとわかるのですが、「夜の9時にデイリータスクをやる」とすると夜の9時にデイリータスクをやらないといけないのですが、急な用事(電話、オンライン飲み会)などがあったりすると指定した時間にできなくなる可能性があります。

最後は、「ノートを完璧にしようとして失敗する」です。
これも多くの人が陥りやすいポイントだと思います。
ノートの最初のページを完璧(綺麗)に書こうと思うことはないでしょうか?
私も同じく、ノートは最初何も書かれていないので綺麗な状態です。
それを保ちたくて完璧に仕上げようという気持ちが働き、その結果完璧にできずに失敗してやめてしまう可能性があります。いわゆる「どうにでもなれ効果」ですね。

以上が、躓きそうなポイント3つでした。

躓きそうな3つのポイントの対策

それでは、それぞれの対策方法についてです。

  1. ノートを書くのを忘れる
    事前に書く時間を決めておきましょう。

    例えば、寝る前に書くとか、朝歯を磨いたら書くとか、どのタイミングで書くのかを決めておくとさらに忘れないです。
    私の場合は、朝の英会話のレッスンが終わったら書くようにしています。

  2. 質問型アクションの時間を固定しすぎると失敗する
    この場合の対策は、時間ではなく行動をトリガーにしてみましょう。

    例えば、「夜の9時」とかではなく、「夜ご飯の後に」のような感じです。
    私は上記のようにしています。
    もしくは、時間を固定するのであれば、急な用事が入らない、朝の時間に設定するのもいいと思います。

  3. ノートを完璧にしようとして失敗する
    最後の対策ですが、完璧を目指さずに完遂を目指しましょう。

    そのために、ノートではデイリータスクを3~5個設定するとありますが、まずは慣れるまで1つ~2つぐらいにして、それだけはやり切ります。

    しばらく続けてみて、習慣化できるようになったら増やしてみるのはどうでしょうか。
    私も今はまずデイリータスクは一つだけ設定して確実に達成するようにしています。

以上、躓きそうな3つのポイントの対策でした。

【まとめ】

・ヤバい集中力ノートは実践した結果が分かりやすい
・普通にノートで報酬感覚プランニングをやるより、ヤバい集中力ノートはおすすめ!
・躓きそうなポイントが3つありので対策は事前にしておきましょう(個人的な感想)

まだ、1週間ですのでこれからも続けて、また何かあれば報告します。
ノートのリンクを貼っておきます。

以上です。ありがとうございました。

もし、ヤバい集中力ノートを毎日書けるか不安だなと感じたら、私がココナラというサイトで「習慣化」をサポートするサービスをやっていますので、そちらをのぞいてみてください。
私があなたを全力でサポートします!

人生変わる?【習慣化の方法】を教えます 【残り3名】ダイエット、勉強、運動を続けることが苦手ですか?

Pocket