【良い習慣】を作るためのテクニック(20秒ルール)を試してみたお話し

Pocket

今回は、良い習慣を作るためのテクニックを実際に試してみて効果があったのでその方法について書きたいと思います。

何故、良い習慣を作る必要があるのか?

人の1日は大体40%が習慣で出来ていると言われています。

もし、その40%を良い習慣で過ごすことが出来たら人生楽しく生きれるのではないでしょうか?

というわけで、良い習慣を作る必要があります。というか、作った方が自分にとってメリットありますよね。

ちなみに皆さんはどのように習慣を作りますか?

ただ毎日頑張ると言うものあると思いますが、それだとモチベーションが無くなったときに結局やらなくなってしまします。

いわゆる3日坊主というものですね。

私も、これまでいろんなことをやってきましたが、大体3日だったり、1週間だったり、時には、結構続いていたのに、やめてしまった経験があります。

ですが、何も考えずに習慣化しようとすると失敗する確率が高いのは、人の性格上仕方のないことだとわかりました。

なぜなら、人はいつもしている行動を取ることが好きなので、最初はモチベーションがあってやれるのですが、いつもモチベーションがあるわけではなく、たまに疲れたりすることもあります。
その時に、普段取っている習慣をしてしまうのです。
そして、そのままその行動を取ってしまい、失敗するということです。

さて、前置きが長くなりましたがそれでは、実際に今回私が試したテクニックをご紹介します。

それは、

「20秒ルール」

です。

20秒ルールとは?

その名の通り、何かを習慣化したい時にその内容をやるまでに20秒以内に出来るようにする。

ということです。

具体的に言うと、

「資格の勉強をする」という目標を習慣化したい場合、普段であれば本棚から参考書を取り出して、ノートとペンを用意して、目的のページを開いて始めるといった手順があると思いますが、この手順だと20秒以上かかることがあります。

このままでは、習慣化することが出来ないので、この20秒ルールを適用させる場合、事前に机の上に、参考書を開いておいて、ノートとペンも置いておきます。

こうすることで、机に向かったらすぐに始めることができ、20秒以内に行うことができるようになります。

こんな風に、何かを始めるときに20秒以内にすることを「20秒ルール」というテクニックになっています。

そのテクニックで私はジムに行くことを習慣化しました。

「ジムに行くのに20秒じゃ無理でしょ」と言われそうですが、たしかに、20秒でジムに行くのは無理です。

ですので、準備してから家を出るまでの時間を20秒以内にしました。

具体的には、

いつも仕事から帰って来てから準備をしていたのですが、それだと20秒以上かかっていたので、事前に準備をして、玄関の前に一式を置いておくことにしました。

そうすることで、仕事から帰って来てから、カバンを置いて家を出るまで20秒以内にすることができ、ジムを習慣化することに成功しました。

この20秒ルールには別の使い方もできます。

それは、

「悪い習慣をやめさせる」

事もできます。

悪い習慣をやめさせるには

20秒ルールを使って、どうやって悪い習慣をやめさせるかというと、今度は逆の使い方をします。

悪い習慣をやめさせるには20秒以上かかるようにする

たったこれだけです。

具体的な使い方を説明すると、

「ダイエット中なのでお菓子を食べるのをやめたい」

そんな場合は、お菓子を箱の中にしまって戸棚やクローゼットの奥にしまってしまいましょう。
そうすれば取り出すのに20秒以上必要になり、取り出すことが面倒になって、食べるのをやめることができます。

いかがでしたでしょうか?

今回のこの20秒ルールは科学的に証明されていますので効果は結構保証されています。

そのため、一度試してみる価値はあると思いますので、是非やってみてください。

ちなみに、20秒ルールは以下の本に載っていますので興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか?
習慣ではないですが、20秒ルール以外にも人生で成功するために必要なテクニックを紹介していますので、結構面白いです。

ショーン・エイカーさんの「幸福優位7つの法則」です。

ショーン・エイカーさんはポジティブ心理学の第一人者のひとりで、ハーバード大学博士号を持っておられます。

p.s.

最近、ココナラというサービスで習慣化することが苦手な方へのアドバイスをするサービスを始めました。

習慣化のテクニックを身に着けて、今の状態から抜け出したい方は購入してみませんか?

今まで私が本やブログなどを見て実際に行動した内容を元にその方にあった、アドバイスをするサービスになります。

以上です。よろしくお願いします

人生を良くしたい方へ習慣化のテクニックを教えます ダイエット、勉強、運動、人間関係で悩んでいる人は是非!

 

Pocket

ヤバい集中力のテクニックを試してみた_聖域作り編(1か月)

Pocket

今回も以前記事にしたヤバい集中力のテクニックを試してみたの続きです。

今回は「聖域作り」について試してみましたのでその結果と具体的なやり方について書きたいと思います。

【この記事を読んで欲しい人】

・集中力の持続が難しいと感じている人
・集中力の持続時間を延ばしたいと思っていいる人

【聖域作りとは?】

聖域作りとは、何かを集中してやるための環境を作ることを聖域作りと言います。

何故そんなことをやるかというと、集中したい時に周囲に誘惑が近くにあったりするとすぐに集中力が途切れてしまうからです。

【聖域作りをやることによるメリットは?】

聖域作りによるメリットは、集中力が切れそうなものを事前に排除して、集中する時間を長くすることです。

【具体的なやり方】

やり方は無数あるそうです。

その中の一部を紹介します。

●やり方

1.場所を管理する
勉強や仕事をする場所であれば、目に見えるところには自分の興味を引くようなものや、不要なものは置かないようにしましょう。
不要なものがないことにより、脳がこの場所は作業するべき場所なのだと判断し、集中力が上がるそうです。

2.デジタル機器を管理する
スマホの通知で集中力が切れるまでの時間は、「2.8秒」だそうです。
そして、作業効率は半分になってしまうため、何か作業をやるときは、スマホなどの通知をOFFしておきましょう。

3.音を管理する
可能であれば音があまりしない場所で作業をしましょう。
ノイズキャンセリングのイヤホンを使うのもOK。
ただし、気を付けないといけないのは、イヤホンを付けたからと言って音楽を聴いてはいけません。

簡単ですが、具体的な聖域作りのやり方は以上です。

それでは実際に私がどのようにやったかをご紹介させていただきます。

【結果】

聖域作りでやったこと

普段勉強をスタンディングデスク上でやっておりまして、机の上に色々ものがあったので片付けて、本とノートだけ置くようにしました。

そして、デジタル機器の管理は、LINEの通知をOFFにしたり、作業中はスマホを見えないようにしていました。

音の管理は、上で紹介させてもらった、ノイズキャンセリング機能のイヤホンを使って無音のまま作業しました。

その結果、これをやる前はスマホのバイブ音で集中力が切れることがあったのですが、それがなくなり集中できる時間が長くなったことを実感することが出来ました。

【続けるためにやった工夫】

聖域作りを続けるためにやった工夫は、スマホの通知は終わった後にONにするのがめんどくさかったので、常時OFFにすることによって、普段の生活でもスマホを見る機会が減って良かったかなと思います。

そして、if-thenルールを使って、机の上に無駄なものを置かない習慣をつけることに成功しました。

もし、皆さんも興味がありましたら是非やってみてください!

これからも報告していきますのでよろしくお願いします。

今回ご紹介した内容の本のリンクはこちらです。
この本は、買って絶対損しません!むしろ買わない方が人生損します!

ヤバい集中力

p.s.

最近、ココナラというサービスで習慣化することが苦手な方へのアドバイスをするサービスを始めました。

習慣化のテクニックを身に着けて、今の状態から抜け出したい方は購入してみませんか?

今まで私が本やブログなどを見て実際に行動した内容を元にその方にあった、アドバイスをするサービスになります。

以上です。よろしくお願いします

人生を良くしたい方へ習慣化のテクニックを教えます ダイエット、勉強、運動、人間関係で悩んでいる人は是非!

Pocket

オンライン英会話イングリッシュベルを始めてみた(4カ月目)

Pocket

さて今回も、前回書いた「イングリッシュベルを始めてみた(英語への挑戦_3カ月目)」の続きです。

2019年10月8日に始めて4ヶ月目の状況について書きたいと思います。

【サマリー】

回数:68回→104回

時間:1700分→2600分(約43時間)

サイト:ENGLISH BELL(オンライン英会話)

クラス:DME KIDS

テキスト:Direct Kids2 Student’s BOOK2 Lesson28→Lesson42

習った英語:一部を下記に記載します

Lesson28:good at、bad at、how often、how tall、how long、kilometer

Lesson29:be known as、compare、as quiet as a mouse

Lesson30:spring、summer、autumn、winter、half、quarter、past、to

Lesson31:get up、go to sleep、bigger than、smaller than

Lesson32:what’s …like?、young-younger-the youngest

Lesson33:prefer

Lesson34:yesterday-was、today-is、tomorrow-will be

Lesson35:the possessive adjectives:my,your,his,her,its,our,your,tyeir

Lesson36:the possessive pronouns:mine,yours,his,hers,ours,theirs

Lesson37:begin-end,last…,…ago,was,were

Lesson38:into-out of,north,south,east,west,open-closed

Lesson39:a,an,some,any

Lesson40:many,much,right-wrong

Lesson41:few,little

Lesson42:must

【感想】

4カ月目の感想です。

ようやく100回を超えることができ、かつBook2の後半までやってきました。

最近は英会話が習慣化されたため何の抵抗もなく毎朝英語が出来るようになりました。

先生の英語はゆっくりであれば聞き取れるようになりました。

また、NETFLIXなどの英語のドラマなどでも、意味は分かりませんが単語であれば少し聞き取れるようになったので、レベルは徐々に上がっているんだなということを実感できています。

今回、面白かったことは、時間を伝えるときに、「PAST」と「TO」を使うということを始めて知りました。

例えば、今が朝の8時25分の場合は

It’s twenty past 8.

と言うそうです。

また、8時35分だった場合は、

It’s twenty -five to 9.

だそうです。9時まで残り25分だから、8時35分ってわかりずらいと思いました。海外だと当たり前なんですかね?

皆さんももし興味があったらやってみてください。

それでは、また来月報告します!

英語で「愛」、「家族」などの抽象的な概念を話せるようになるには、4160時間必要という研究があるそうです。

それレベルを指標にして今後の英語勉強していきたいと思います。

英語の残り学習時間:4117時間

以上です。ありがとうございました。

P.S.

最近、ココナラというサービスで人生を良くするための習慣化のテクニックについて教えるサービスを始めました。

もし、いつも3日坊主で終わってしまうという方は、痩せたい、勉強したい、運動したいなど何か習慣化して人生を良くしたいと思っている方がいましたら是非見てみてください。

人生を良くしたい方へ習慣化のテクニックを教えます ダイエット、勉強、運動、人間関係で悩んでいる人は是非!

Pocket