「新・投資信託にだまされるな!」の感想とまとめ

Pocket

最近、コロナの影響で将来が不安になり投資について学び始めた30代半ばのshinです。

前回の投資信託の記事に引き続き、今回は「新・投資信託にだまされるな!買うべき投信、買ってはいけない投信」についての感想と私なりの考察について書きたいと思います。

前回の記事:「投資信託はこの9本から選びなさい」の感想と投資先をさがしてみた

本記事では、本に書いている投資先については一切触れていませんのでご注意ください。

※この記事では紹介はしますが、投資助言を意図したものではありません。投資にかかわる最終決定はご自身の判断でお願いします。

感想

さっそく感想からですが、まず本のタイトルの通り買ってはいけない投資信託の情報が色々書かれています。

買ってはいけない投資信託

それは何かというと、「銀行や証券会社の窓口には行くな!」や「高利回りの商品には手を出すな!」、「毎月分散型は注意しろ!」などです。
ここまで強い文言ではないですが(笑)

面白いのは、「銀行や証券会社の窓口では買うな!」や「毎月分散型は注意しろ!」は前回紹介した「投資信託はこの9本から選びなさい」にも同じことが書いてあるんですよね。
一瞬同じ人が書いたのかと思ったのですが、著者は中野晴啓さんと竹川美奈子なので異なっており、もしかしたら繋がっているのではと思いググってみたのですが特に何もヒットしなかったのでたまたま同じことが書かれているのだと思います。

ちなみに、「窓口で買うな」の理由ですが、あの方たちが商品を売りたい理由は「手数料を多くとりたい」なんですよね。
そりゃ窓口はいるだけで人件費もかかりますし、広告宣伝したりポスター作ったりするので手数料が高くなるのは当たり前といえば当たり前なのですが、買う方からすれば手数料は安ければ安いほうが運用コストが下がって嬉しいので、この辺りはお互いの利益相反ですね。

本当に窓口が悪いのか気になったので、某M銀行のHPを確認したところ、確かに言われた通りでした。
そのサイトの投資信託ランキング(10月のお買い付けランキング)TOP3を見てみると、購入時の手数料は2%~3%程取るわ、投資期限はあるわ、運用管理費用は1.5%~1.8%は取るわで、ネットで買うのに比べるとかなりの差がありますね。
ネットだと0.1%~0.2%程度の管理費用だけ買えるものがたくさんあります。

もう一つの「毎月分散型は注意」の方ですが、毎月分散金を受け取るよりもそのまま運用に回した方が運用効率がいいためです。毎月受け取るとそこに税率が「20.315%」かかりますしね。

アクティブ運用は買わない

投資信託にはアクティブ運用パッシブ運用という2つの運用スタイルがあります。パッシブ運用とは市場全体の値動きに連動し平均を狙って運用することを目的にする「インデックス投資」のことです。
アクティブ運用はプロと呼ばれる人たちが市場平均を上回るようにマクロ経済を分析したり企業を訪問したりして値段が上がりそうな企業を見つけて投資をするスタイルです。

この話しだけだと市場平均より上を目指すプロに任せた方がいいじゃんと思うかもしれませんが、ここが落とし穴だそうで、実際どれほどアクティブ運用によって、市場平均(TOPIX)よりも上回ったかというと、2003年から2012年の10年間のうちたったの2年しかなかったそうです。

いやいやたまたまでしょ。と思う方もいるかもしれませんが、債券で投資した結果も同じく10年間のうち2年しかなかったそうです。

なので、アクティブ運用はやめた方がよさそうだと思いました。

こんな投資信託には手を出さない方がよい

今までの話しをまとめると次のような投資信託には手を出さない方がよさそうです。

銀行や証券会社の窓口では買わない
・高利回りの商品には手を出さない
・毎月分散型は買わない
・アクティブ運用のものは買わない

逆にこんなのを基準に選ぶといいよというのもあります。

投資信託を選ぶときの基準

・分散投資でリスクをおさえる

これはよく聞く言葉ですが、分散投資でリスクを抑えるとはどういうことかというと、分散とは色々な国や株や債券などに分けることを言います。

なぜ分散する必要があるかというと、国によって景気が良いときと悪いときがあるため、例えば投資先を日本の株に投資だけにしている時、日本の景気が悪くなれば当然株価の価値も下がっていきます。ですが、日本が悪いからといって他の国の株価も悪いとは限りません。もしかしたらアメリカは調子がいいかもしれません。そんな時に、日本以外の国にも投資しておくと他の国の株価は上昇し結果としてプラスになることがあるからです。

なので、投資先は分散しておいた方がいいということです。

この本では具体的に買う種類も上げてくれています。それは、「国内株式」、「海外株式(先進国、新興国)」、「国内債券」、「海外債券(先進国、新興国)」の4種類です。

先ほど挙げた話しで、国内と海外の株式は分けた方がいいと思ってくれた方は多いと思いますが、なぜ債権も必要なのかというと、一般的に債権は株式ほどのリスクが少ないため、株式市場がリーマンショックで下がった時も債券への影響は少なくて済みます。そのため、4種類に分けて買うことをおすすめしています。

以下のサイトを見ると分かりやすいです。

分散投資の意義①1位になる資産は当てられない

あとはこの4種類をどのような配分で分けるかは好みになります。

もし現役世代(20代~40代)ならリスクを取って株式を多めに配分にしてみるとか、50代からはリスクを取りたくないから債権を多めに配分してみるとか色々やり方はあるかと思います。

●一般的リスク度合い
国内株式:中
海外株式(先進国):中
海外株式(新興国):大
国内債券:小
海外債券(先進国):小
海外債券(新興国):中

配分例

●現役世代
国内株式:40%
海外株式:40%
国内債券:10%
海外債券:10%

●50代以降
国内株式:10%
海外株式:20%
国内債券:40%
海外債券:30%

僕の個人的な意見としては、前回の記事にも書きましたが日本はいらないかなと思ってます。以下は個人的な意見と配分参考です。

●現役世代
海外株式(先進国):60%
海外株式(新興国):20%
海外債券(先進国):10%
海外債券(新興国):10%

●50代以降
海外株式(先進国):30%
海外株式(新興国):10%
海外債券(先進国):50%
海外債券(新興国):10%

ちなみに、分散投資では年間利回りが6%と言われています。
毎月5万円ずつ30年間(30歳~60歳)まで普通に預金した場合と投資した場合を比べてみるとどの程度差が出るかというと、「3千万円」程度の差が出ます。

条件/預金vs投資某M銀行分散投資
積立金5万/月5万/月
年数30年30年
金利0.002%6%
30年後金額18,005,400円50,476,880円(税金抜き)

いかがだったでしょうか?
これだけ見ると投資しない方がもったいない気がしますね。

ただしリスクがあるのはもちろんなので、まずは小額から始めてみてから徐々に増やしていくのもありだと思います。

個人的にこの本でいいなと思ったこと

最後に個人的にこの本を読んでいいなと思えたところを紹介して終わりにしたいと思います。

それは「リバランス」の方法についてです。
リバランスとは、投資した配分が初期のことより変わった時に、手直しする行為のことです。

例えば、初めは以下のような配分で投資していたとします。

国内株式:40%
海外株式:40%
国内債券:10%
海外債券:10%

1年後、海外株式の調子がよく、国内株式の調子が悪くなり次のように配分が変わってしまいました。この時の配分を元に戻すことがリバランスです。

国内株式:20% → 40%に戻す。
海外株式:60% → 40%に戻す。
国内債券:10%
海外債券:10%

この時のリバランスのやり方として、よく紹介されているのが上がっているものを「売って」、下がったものを「買う」と言われています。

ですが、売るということは税金がかかってしまって損してしまいます。
そこでこの本でおすすめされていたことは購入するときの比率を変更するという方法です。
言われてみれば確かにその通りだと思いましたが、この方が税金も取られないし一番投資効率がいい方法だと思いました。
※ちゃんと調べてみたら他のサイトにも書いてました(笑)

以上です。ありがとうございました。

本が気になったからは読んでみてください。

以上です。ありがとうございました。

P.S.

ココナラというサービスで習慣化のテクニックについて教えるサービスを提供しています。

もし、いつも3日坊主で終わってしまうという方や、ダイエットを続けたい、勉強したい、運動したいなど何か習慣化したいと思っている方がいましたら全力でサポートしますので、まずは覗いてみてください。

購入いただいた方からは習慣化できるようになったという言葉をいただいたおります!

人生変わる?【習慣化の方法】を教えます 。ダイエット、勉強、運動を続けることが苦手ですか?

 

Pocket

「投資信託はこの9本から選びなさい」の感想と投資先をさがしてみた

Pocket

最近、投資信託に興味を持ち始めた30代半ばのshinです。

なぜ投資信託に興味を持ち始めたかというと、30代も後半の年齢になってきて将来に対して考えることが増えてきたからです。

将来の何に対して考えることが増えたかというと、「老後の暮らし」、「老後のお金」、「何歳まで生きるか?」、「死ぬまでにやりたいこと」などなどです。

その中で特にお金について興味を持ち、調べ始めたのが投資信託です。

興味を持ったきっかけは、DaiGoさんのDラボ放送にある「ミリオネア・ルート〜大富豪へと続く4つの道」と中田敦彦さんのYouTube大学にある「【お金の授業総まとめ①】計16冊のお金の本を読み込んだ中田の結論は?」でした。

https://daigovideolab.jp/play/dSK3YqbTe5YEqQSQi7sz

この2つの動画の中で登場したのが投資というキーワードでした。

そして、中田さんの動画ではさらに明言しており、「投資するならインデックス投資、インデックス投資なら●●」だとまで言われてました。

というわけで私もこの2人の言ったことに影響され投資を始めようと思ったのです。

投資するための口座は持っていたので、さっそく中田さんの言われた投資先に投資しようかとも思ったのですが、人に言われるがままにやるのも面白くないと思ったので、まずは自分で投資信託について調べようと思い、今回のタイトルである「投資信託はこの9本から選びなさい」を買ってみました。

今回はこの本の内容で気になった部分の紹介とこの本の内容に沿った投資先の紹介をしようと思います。

このブログでは、本に書いている投資先9本については一切触れていませんのでご注意ください。

※このブログでは紹介はしますが、投資助言を意図したものではありません。投資にかかわる最終決定はご自身の判断でお願いします。

なぜ投資をするのか?

大勢の人が思っている事の一つとして「なぜ投資をするのか?貯金じゃダメなのか?」というものがあると思います。

まずそれについてですが、貯金の金利を知ってますか?

ゆうちょ銀行だと今の普通預金の場合「0.001%」です。
これはどういう意味かというと、100万円を10年間預けた場合の受け取り額は、「100万100円」となり「100円」増えるということです。

それなのになぜ大勢の人が貯金が好きなのかというと、1900年前半の時代は普通預金だけでも「4%前後」の利子がついていたそうです。
先ほど同じ条件の場合、10年後は「148万244円」となり「48万244円」でした。
また、定期預金では「7%」もあったそうです。
だから昔の人たちは貯金が大好きだったんです。

というわけで現在貯金をすることによって得られるメリットは、現金の保管場所というだけです。

話しは戻って投資する理由はなぜ?というところについてですが、今20代~40代の人たちの世代は年金が受け取れない可能性があります。

なぜなら、すでに知っていると思いますが2005年以降人口減少が始まってます。
そのため少子化がこれからどんどん進みます。
だとすると、20代~40代が20年後はさらに働ける人口は減って年金は破綻し受け取れない、もしくは受け取れてもかなり額が減っているのではないでしょうか。

もうすでに貯金が数億ある人は何も心配する必要はないと思いますが、数百万~数千万程度だと将来不安ではないですか?

将来お金の不安をなくすために投資することが必要です。

この著者の考えでは、海外の投資信託を使って長期運用し、年間7%前後の利回りが狙えると書いています。
100万円を年間7%の利回りで30年の場合だと「761万2255円」受け取ることができます。

ただしこの前提は世界の経済が成長し続けることです。
経済が成長し続けるためには人口が増加し続ける必要がありますが、現在の人口は77億人で2050年には97億人まで増える予定ですのでこの辺りは問題ありません。

なので今から将来のために投資信託を始めるほうがいいかと思いました。

それではどこをポイントにして投資信託を選ぶのか?
本に次のような基準を設けています。

選ぶべき投資信託基準!

1.信託期限が無期限なものを選ぶ

そもそもこの本の目的が長期投資なので期限があるものは選びません。

2.分配金を再投資してくれるものを選ぶ

長期投資の目的は目先の利益ではなく、20年、30年後までにいかにお金を増やすかを目的としていますので、分配金は受け取らずに再投資するものを選びます。

3.購入手数料が0円で、運用管理費用率が低いものを選ぶ

長期投資の大事な考え方として運用費用は安ければ安いほうがいいそうです。
そのため、運用管理費は安いものを選びましょう。

4.運用資金が増え続けているもので純資産残高は30億円以上を選ぶ

運用資金が減り続けているものは資金が流入しているということなので、手を出さない方がいいでしょう。

5.銀行残高から「自動積み立て」が可能なものを選ぶ

私と同じ20代、30代の人はそんなにまとまったお金がないと思います。
ですので、毎月少しでも積み立てをする必要があります。
しかし、人間は誘惑に弱い生き物なのでつい誘惑に負けてお金を使ってしまい、投資するお金が無くなることもあります。
それを防ぐために自動で投資できるようにしておいた方がいいでしょう。

以上が選ぶべき投資信託の基準です。

さて、それではこれらの条件を踏まえた投資信託を調べてみました。

5つの条件を満たす投資信託先を探してみる

ここから先に話した条件を満たす投資信託先を探してみます。検索するサイトは楽天証券にしました。
なぜなら、自分が楽天証券を使っているというだけの理由です(笑)

楽天証券

まずは以下内容で検索してみます。

【検索内容】
・分配金:年1回
・分配金再投資コース:あり
・資産タイプ:国内、海外株式、国内、海外債券
・積立:あり
・償還日:無期限
※純資産残高は30億円以下で検索できなかったため、まずは含んでいます。
最後に減らします。

結果としては「468」ありました。

多すぎる。。

もう少し減らしたいため、ここは自分の独断で投資地域「日本」を外します。日本を外した理由は、今後日本が経済成長する見込みが少ないと思うからです。なぜなら、日本の人口は減り続けており、2050年には人口の約40%が高齢者になる予定です。そんな高齢者だけの国が成長していくとは思えないため、日本を外しました。

ですので検索内容は以下になりました。

・分配金:年1回
・分配金再投資コース:あり
・資産タイプ:海外株式、海外債券
・積立:あり
・償還日:無期限
・投資地域:米国、エマージング(新興国)、アジア

これで「134件」まで絞り込めました。さらに純資産残高は30億円以下ものを外すと「59件」まで絞り込むことができました。

さらに管理費用が「0.2%」以上のものだけに絞ると「15件」になりました。
ようやく検討できるレベルにまでなりましたね。

以下が検索した結果の投資信託先15個になります。

投資信託先15選

●投資先15選

ファンド名純資産(億円)管理費用(税込)
eMAXISSlim米国株式(S&P500)1978.320.0968%
SBI・先進国株式インデックス・ファンド32.670.1022%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド2097.230.1023%
eMAXISSlim先進国株式インデックス1383.760.1023%
たわらノーロード 先進国株式741.150.10989%
SBI・全世界株式インデックス・ファンド114.790.1102%
eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)625.340.1144%
eMAXISSlim全世界株式(除く日本)320.270.1144%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド148.710.154%
eMAXISSlim先進国債券インデックス148.330.154%
楽天・全米株式インデックス・ファンド1566.440.162%
SBI・新興国株式インデックス・ファンド60.020.176%
eMAXISSlim新興国株式インデックス404.260.187%
たわらノーロード 先進国債券181.790.187%
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド30.180.192%

個人的な意見としては、「eMAXISSlim米国株式(S&P500)」は管理費用が一番安く、資産額も高いため良い感じはしますね。投資先もS&P500なので問題ないように思います。気になる点としては運用実績がまだ少ないという点ですね。

さらに投資先を絞るためそれぞれの内容を見ていく必要がありますので、皆さんももし気になったら調べてみてください。

感想

本の感想としては、まず投資信託の本を読むこと自体初めてだったので「へーなるほど、こういう点を見ていけばいいのか」と思ったのが率直な意見です。

あと、面白かったのは「銀行や証券会社の商品は窓口で買うな」と言っていたところです。

理由としては、銀行や証券会社の目的は投資家のお金を増やすことではなく、手数料を稼ぐことだからだそうです。

投資を始めようとしたらまず、銀行や証券会社のイメージがあると思いますが、そこにいきなり落とし穴があるという現実。そして、知らない私たちに言葉巧みに説得され高い手数料の商品を買わされて、損をして投資をやめていくという悲しい現実が待っています。

そこに気づけたことがこの本を読んで得ることができたなと思います。

本が気になったからは読んでみてください。

以上です。ありがとうございました。

P.S.

ココナラというサービスで習慣化のテクニックについて教えるサービスを提供しています。

もし、いつも3日坊主で終わってしまうという方や、ダイエットを続けたい、勉強したい、運動したいなど何か習慣化したいと思っている方がいましたら全力でサポートしますので、まずは覗いてみてください。

購入いただいた方からは温かい言葉を色々いただいたおります!

人生変わる?【習慣化の方法】を教えます 。ダイエット、勉強、運動を続けることが苦手ですか?

Pocket

簡単なZoomミーティングのやり方

Pocket

今回は今はやりのZoomの簡単な使い方を説明しようかと思います。

最近はオンラインイベントが増えてきてZoomで開催することがよくあります。

ですが使い方が分からないという方の話しもよく聞きます。

そのため、今回は簡単にZoomミーティングの参加方法について説明していきます。

参加してみる

まずはZoomミーティングに参加する方法です。

参加する方法は2つあります。

1.ブラウザを利用する
2.アプリをインストールする

一番簡単な方法は1番のブラウザを利用するです。
ブラウザとは、Google ChormeやSafariのことです。

そのブラウザを利用すればアカウント無しでもZoomミーティングをお利用することができます。

じゃあアプリをインストールする意味はあるの?と思われるかもしれませんが、アプリをインストールするメリットは色々ありますが特に良い点が次の点になります。

・自分でミーティングを開催できる
・Zoomミーティングに参加するときに毎回自分の表示名を入れなくてもいい

これらのメリットを感じない方はブラウザでもいいかと思います。

それでは実際にZoomミーティングに参加する手順を見ていきましょう。

今回はブラウザでアカウント無いパターンでやってみます。

Zoomミーティングに参加する(ブラウザ編)

まずZoomミーティングに参加するには以下のようなURLが主催者から送られてきますので、URLをクリックします。

次に「ミーティングを起動」をクリックします。

そうすると下の方に、「ブラウザから参加してください」と表示されますので、それをクリックします。

最後に、「名前」、「私はロボットではありません」にチェックを入れて「参加」をクリックすればZoomミーティングに参加することができます。

簡単ですが、これでブラウザを利用してZoomミーティングに参加する方法です。

もし、アプリを使いたいんだ!という方は以下サイトを参考にしてみてください。

【Zoom】PC・スマホへのインストール方法を紹介

これからますますZoomを使ったイベントが増えてきますので、まずは使ってみてはいかがでしょうか?

以上です。ありがとうございました。

P.S.

ココナラというサービスで習慣化のテクニックについて教えるサービスを提供しています。

もし、いつも3日坊主で終わってしまうという方や、ダイエットを続けたい、勉強したい、運動したいなど何か習慣化したいと思っている方がいましたら全力でサポートしますので、まずは覗いてみてください。

購入いただいた方からは温かい言葉を色々いただいたおります!

人生変わる?【習慣化の方法】を教えます 。ダイエット、勉強、運動を続けることが苦手ですか?

Pocket